ホーム > 現金化 > クレジットカード現金化の利便性やリスクなどについて

クレジットカード現金化の利便性やリスクなどについて

通常はクレジットカードで現金を借りたい場合はキャッシング枠を利用して、カード会社から借金をします。

一方、ショッピング枠を使うと後からカード会社に代金を支払うということで、その場で現金がなくても商品を入手できます。

このショッピング枠で購入した商品を買取店などで売却して現金を得ることをクレジットカード換金といいます。

現金が必要で他に現金を得る方法がない場合などに重宝しますが、カード利用停止になるというリスクがあります。

特に、現金化業者に依頼せずに自分で商品を売買した場合に、カード利用停止になる可能性が高いです。

自分で現金化を行う場合には手数料がかからないので、やり方次第では高い還金率を得ることができます。

商品券やブランド品やゲーム機などは買取価格が高くなる傾向にあります。

また、カード会社もそれらの商品の還金率が高いことを知っています。

したがって、換金率の高い商品をクレジットカードで大量に購入すると、カード会社から転売の疑いをかけられるので注意が必要です。

クレジットカードで購入した商品は代金を完済するまでカード会社に所有権があるので、代金を完済するまで転売が認められていません。

一方、現金化業者に依頼するとカード利用停止になるリスクが低くなります。

現金化業者に依頼する場合は手数料が別途かかり、最終的な換金率が70~80%程度になります。

しかし、自分で行うよりも入金までの対応が早いです。

インターネット等で情報収集をして、優良な業者を選ぶ事をオススメします。

参考までに評価の高い口コミサイトのURL貼っておきますね!ビックギフト口コミ


タグ :